tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

取り返しのつかないこと : 396

8月11日(金) 山の日 晴時々曇 退院して719日 / 手術から801日


昨日で術後800日が経過したが、
ここ数日、
最初の手術で
舌を再建するために皮弁を採取した腹部の傷が
突っ張ってどうもいけない。
痛いというほどでもないのだけれど
寝ていても立ってても気になって仕方ない。


手術から2年2ヶ月も経過しているというのに、、、。
体にメスを入れるということは、
こういうことなんだな。


今はお腹が特に目立って気になっているけれど、
実際には腹部だけじゃなくて
エラから首、
そして肩周辺と、
突っ張り感というのか強ばりというのか
あまり改善はしていない。
ただ、その不快感に慣れただけ。


感覚が麻痺しているところも多い。


たぶん、
突っ張り感も感覚麻痺も、
これからずっとつきあっていかなければならないのだろう。


そう考えると、
やっぱり体を切るというのは
表面上の傷跡のことばかりでなく、
ある意味
取り返しのつかないおそろしいことなんだな。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。