tongue twister のブログ

平成27年5月26日、舌癌(StageⅣa)の手術(舌亜全摘・両リンパ節郭清・腹直筋皮弁による再建術)を受けました。ところが数日後の6月1日朝の診察で、まったくの突然に緊急再手術決定。なんと、最初の手術20時間、再手術13時間、計33時間(笑)(゜o゜;;

心身共に回復してきた今、それらの日々を振り返り、今度は私が誰かを励ますことができれば、との思いでブログ初挑戦です。 

つらい [45]

7月28日
の昼食から始まった口からの食事は、
重湯ゼリーのマドンナA食から 
翌29日の夕食には
マドンナB食という
3分粥とミキサー小鉢つきのものにステップアップ。 
でも、楽勝 ! (^_^)

                           7月29日 夕食

8月1日 夕食



8月5日には
7分粥と3分菜へと順調にステップアップし、
これも楽勝かと思いきや、おかずの3分菜が、、、、。 苦戦(×_×)
小さくカットされていても固形物となると
一気にハードルが上がり
ベロが動かないのでなかなか口の奥へ送れません。

                               8月5日 夕食
箸で移動させたり、お茶で流し込んだりして
必死になって完食しました。
所要時間40分。(>o<)



翌6日には、朝食から全粥
昨日と同じように、小さくカットした固形物の野菜に苦戦。(×_×)
舌の同じ場所にのったままで動きません。
泣きたくなりそうなのを我慢して、
35分かけて意地で完食!

                                8月6日  朝食
それにしても、
ご飯食べるだけなのに、、、。
あんだけ楽しみにしてたご飯なのに
なんでこんなにしんどい思いせないかんのだろう、、、、。
できて当たり前のことが
満足にできないという現実に、
絶望感を感じ深く落ち込む。


そういう体になってしまった、
ということなんだな。
つらいけど。



おしゃべりもそうだけど、
まずは「できない」ということを
正面から受け入れないといけないな。


でも、
ぜいたくも言えない。
諦めてた味覚が、
多少でも残されたんだから。


不便なことが多くても
感謝しないといけないな。

命をつなぐことができているのだから。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。